筋力より探力(たんりょく)

整体というのは、無理なく全力発揮できる心身を取り戻そうという体育のことです。(野口晴哉先生が目指しておられたのはそこです)

整体の上達にもスポーツの上達にも介護や看護にも共通するのは、合理的な身体の使い方です。昨今の講座で、特にみなさんに強調して習得してもらおうと提案しているのは、画期的に動きの質が上がるバランスを生み出す一点が身体の各部分にあるから、それを探しましょう、という提案です。

手のひらや足の裏などにある、それら背骨につながって動けになるバランスを引き出す点を「通芯点」と呼んでいます。

●足さなきゃだめなの?

あなたが何かを改善したり成功したりするには、今自分にないものを足したりつけたりしないといけない、という枠組みで考えていませんか?

学力をつける、筋力をつける、集中力をつける。つければ何とかなるという考えです。足りないから足そう、という考えです。他から持ってきて大量にストックしようという考えです。

身体の能力を無理なく発揮する方法を30年以上追いかけてきて、足し算だけではない、ということを実感しています。足し算は無理になりやすいと感じます。身体には生まれつきかなりハイレベルな能力が埋まっています。それを引き出してきて使っていきましょう。
あるものを使うから、無理になりません。

みなさんはご自身の身体の素晴らしい機能をまだまだ一部しかご存じないようです。

スマホに頼り切りになる生活には抵抗はありますが、それでも便利なので使っています。電話の機能があり、メールやラインなどの通信、インターネットができますから、それらはパソコンの機能です。カメラもついているしビデオもあります。懐中電灯もついているし地図もついている。

スマホはスマート(賢い)フォン(電話)という意味の略称ですから、電話だと思い込んで、電話だけを使う。電話しか使わない。

必要だからといって、カバンに別にビデオやカメラやパソコンや懐中電灯を入れている人がいたらおかしいと思いませんか?

足してもいいのですが、私はあなたに備わっているものを引き出すことをもっともっと覚えていただきたいと思います。

てこで物を持ち上げるのにちょうどいい支点の位置という点があります。物を高く積み上げるために崩れないまさにここという一点があります。同様に身体の能力が上がる手の点があり、足裏の点があります。整体の効きが激変する親指の一点があります。

ものの見方が変わる目の点もあり、集中力が出て雑念が減少する指先の点もあります。最近では呼吸が深くなる点も見つかりました。聞くことに集中できる点もありました。

体力をつけるには一定期間しんどい思いをしなければなりません。

ところが身体が合理的に使える方法は、探せば見つかるのです。見つかって使えばいきなり楽になるのです。どうしても筋力がほしければ、楽に身体が動く使い方を見つけた後で負荷をかければいい。そうすれば身体にとって合理的な使い方を強めることができます。それがないままに頑張ればかえってバランスをくずしかねません。

世の中の仕組みが、やり方や方法の正解は自分の外にあって、それらの知識でさえお金を出して買うものだというのが世の中の大勢になっています。それにどっぷりと慣らされているから、よけいに「自分の中にあるものを探す」という感性は大事だと思います。

体力や筋力は年齢とともに下がります。これは自然の摂理です。でも「探す能力」は、数をこなすほど精度があがっていきそうなのです。筋力よりは保てます。

体力や筋力も大事でしょう。でもまずみなさんが手にするべきは「探す力」です。自分の中からもっともいいバランス、無理のない合理的な自分の使い方を引き出す具体的な一点を探す力です。そんな都合のいいものがあったんです。出会って使いこなしてください。

8月の「進化体操」のほぼすべての講座では、この「一点」を探す感覚を取り入れて進める予定です。

★大阪★8月18日(日)進化体操で「動き」を進化させる一日講習会

★東京★8月19日(月)進化体操で「動き」を進化させる一日講習会

8月の定期講座と整体はこちら↓
https://shinka-method.com/regular-course/

8月のその他講座スケジュールはこちら↓
https://shinka-method.com/schedule/